FC2ブログ

蜜蝋作り

みつばち
05 /18 2019
採蜜から1日空きましたが、冷凍室が窮屈なので、蜜蝋作りをしました。
ばーちゃんが使ってる七輪で火を起こし、鍋を掛けました。
蒸気で蜜蝋を垂らします。
嗚呼、臭い!
私は何も特技がありませんが、鼻だけは犬並みによく効く方です。
人生の機転は効きませんが(汗)

20190518161243172.jpeg

去年、9月に蜜蝋作りをした時は、近づいてきたミツバチに不意に唇を刺され、昔、ウルトラマンに出てきた怪獣で、ガラモン(知らない人が多いだろうなぁ)のタラコのような唇になりました。
私はガラモンに特に思い出があります。
私はガラモンが好きで、当時、動くプラモデルはまだ珍しかったのですが、泣き叫んで買ってもらいました。
そのプラモデルを何時間もかかって、やっと、完成させたのですが、ガラモンの足に一抹の不安がありました。
片方の足がどうしてもハマらなくて、強引に合わせました。
さあ、近所の子供を集めて、お披露目です。
ガラモンが足を一歩踏み出した時、ガラモンの下半身が砕け散りました。
覆水盆に返らずと申しますが、ガラモン元に戻らずでした。
その思い出のガラモンに自分がなってしまいました。
しかも、上唇をやられたので、唇どおしが噛み合わないため、水を飲むと下に溢れ、うどんを食べると下に落ちる、志村けんのコントのようでした。
恥ずかしいので、マスクをし、マスクの下からうどんを食い、下に落とす。マスクを上げて、お茶を飲み、下へこぼす。
ちょうど、信州に行く前に刺されたものですから、高速のサービスエリアの食堂で食べたのですが、かなりヤバい人に映ったことでしょう。

20190518161356d13.jpeg

20190518161440014.jpeg

今年は何故かミツバチは近づいてきません。
気まぐれな奴らだ。
だから、好きなんだけど・・・あれ?
しかし、あまり静かだと、それも気になります。
元群は採蜜の残りをあげたので、皆さん、おとなしく吸い付いておられます。
近くの第三分蜂群は静かです。
全然、出勤されてません。なんで?昨日は、祭りかと思うほど、どんちゃん騒ぎをされていたのに?

20190518161258b76.jpeg

一応、いらっしゃるようです。
先ほど、オオスズメバチの女王さんが襲っていたので、オシッコちびって、出て来れないのかな?
もう、退治してあげましたよ。百均の網で。怒りの鉄拳をくわえたら、すぐに逝かれました。
春の一匹が秋の百匹につながる。けど、スズメバチも見方を変えれば、益虫か?
86阿闍梨のような修行が足りん。
南無・・・

はちみつ

みつばち
05 /17 2019
はちみつを絞り終えました。
分蜂後なので、期待薄でしたが、それなりの恵みを与えてくれました。
すべて、行き先が決まっています。行き先は借地料や蜂は嫌いだが、ハチミツは好きと言う方々です。
自家用に残るのは、大きい瓶、ひと瓶か?・・・
はちみつは皆さんに喜んでもらえます。
良し、としましょう。

20190517080147bb4.jpeg

やはり、越後ものずきさんの方式で正解です。
片面が垂れないので、蜜でベタつくことがなかったです。
けど、ミツバチを巻き添えにしてしまいました。
越後ものずきさんのようには、なかなか行きません。

20190517080124f2d.jpeg

採蜜しても、群は落ち着いているみたいです。
採蜜後、巣箱を持ち上げると、まだ重たかったので、秋を狙ってます。

採蜜準備

みつばち
05 /15 2019
5月18日頃、元群の採蜜をしようと考えていましたが、土曜日の天気が危うそうなので、明日、決行します。
今朝、越後ものずきさんのやり方を真似て、天板だけ外しました。
どこから入ったのか、アゴに一撃をもらいました。

2019051511261963a.jpeg

201905151125583e8.jpeg

この時期のミツバチにしては、しつこく攻撃されました。

20190515113232ef7.jpeg

やはり、三回分蜂してるので、あまり蜜は期待でさないようです。
天板を外し、箱をその上に置いて上蓋をしました。
明日の朝まで、ジッと我慢の子であった。


叔父の所にいる分蜂群のうち、自然入居群は一ヶ月が経ちましたが、大きさが変わりません。

20190515113742cf2.jpeg

女王蜂に欠陥があるのか、アカリンダニによるものか?
取り敢えず、叔父の所の三群共、蟻酸を入れました。
自然入居群が感染してると、他の群も消滅してしまいます。
自然入居群は、それでも、わずかながらも、花粉を持ち込んでます。
あと2群は順調で、母親分蜂群はもう、三段を超えました。
山のそばで、蜜源が豊かなのかもしれません。
秋に採蜜出来るかも?ウシィ~
要らぬソロバンは早い方でして・・・(^_^)
じょんのび、じょんのび、ふぅヘイ

分蜂後の巣箱管理

みつばち
05 /13 2019
分蜂が落ち着いたので、元群と自然入居群を除いて継箱を完了しました。
自然入居群を除いて、どの群も順調そうに見えます。
徘徊蜂も居ないみたいだし、蜂数の減っている群も無さそうです。
今のところ心配は自然入居群です。
けど、今日、1時間くらい眺めていましたら、少ないなりに蜂は出勤して行きます。
たまに、橙色の花粉を持ち帰るものもいます。

20190513103355f45.jpeg

木漏れ日が漏れて、涼しいです。

201905131033406d1.jpeg

母親群は相変わらず、せっせと蜜を運び入れてます。

20190513103313811.jpeg

母親群は日中、太陽にさらされるので、近くにあった板を日除けに借りました。



20190513103411456.jpeg

役目を終えたミスマフェットです。
私はこのネットで購入したミスマに、本当に誘引能力があるのか疑ってました。
3年間、蜂浪人をしましたので、そんな気持ちもご理解いだだけるかと思います。
しかし、やっと今年、その威力を発揮してくれました。

今まで、ベラポンと言うヤシから作った土を使用していましたが、1年経っと、硬くなってしまい、根に悪いかなと思い、赤玉土と軽石に変えました。
肥料はモルコートです。
もう水をやる以外は放ったらかしです。
蘭は素人にも作りやすいと思います。
問題は花が付くかどうかで、付かなかった場合、1年間の管理が水の泡となります。
とは言っても、私の場合はどうこう言うほど鉢数がありません。とほほほ・・・

自宅第三分蜂群

みつばち
05 /12 2019
今年、初めて分蜂を経験し、ミツバチも逃げずに居着いてくれています。
結局、4群捕獲でき、元群と合わせて5群になりました。
3年蜂浪人していましたので、夢のようです。
3群は叔父の家のキュウイ木の下で、すぐそばまで山が迫っています。
立地的には最高の場所かもしれません。
巣が伸びるのも早く、今年、採蜜できるかもしれません。


201905121015277d7.jpeg

20190512101544fca.jpeg

自宅庭の元群の近くに置く、自宅第三分蜂群です。
この群もせっせと花粉を運び込んでいて、2段目に掛かっているでしょうか?
この群も継箱しました。
毎日、何回も見に行きます。
ミツバチは、また、クソジジィが来やがったと思っているでしょうが、日本蜜蜂は楽しい!
わたしゃ、嫌われたって、蜜蜂ストーカーになりますよ。
ルンルン、やぁー!👐

カピバラ

若い時はバイク(モトクロス)、鮎の友釣りにハマり、
ジジイになってからは、日本蜜蜂に遊んでもらっています。
蜂狂いの人、情報をお待ちします。